勤労福祉サービスセンターゆう
勤労福祉サービスセンターゆう
カートを見る

■ 入会資格

(1)事業所会員(事務所を通じて加入)
足立区内の中小企業(常時雇用する従業員300人以下)の事業所や商店等にお勤めの従業員と事業主の方。
※ パートタイマーの方も入会することができます。
(2)個人会員
足立区内にお住まいで、足立区外の上記に準ずる中小企業にお勤めの従業員と事業主の方。パートタイマーの方も、上記に準じます。
◎上記(1)(2)について…75歳以上の方は給付金の一部が受けられません。ご了承下さい。

■ 入会手続

(1)新規入会
次の書類に必要事項を記入し、入会金と会費を添えて、ゆうの窓口へお申込みください。
なお、事業所会員の場合は、各事業所で入会する従業員をまとめてお申込みください。また、個人会員の場合は、個々にお申込みください。
1)加入申込書兼会員カード…入会者数分必要です。
2)預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書…事業所で1部必要です。貯蓄預金口座は指定できません。
3)添付書類……勤務していること(勤務先の名称、所在地、就職年月日など)が確認できるもの(社会保険証または身分証明書の写し、勤務証明書など。 自営業の方は、税申告書の写しなど)。

(2)追加入会
すでにゆうへ入会している事業所で追加の入会希望者がいる時は、追加入会の手続きが必要です。
その場合、会費は事務所でひとつの口座から振替しますので、会費口座を管理している方とご相談ください。
手続きは新規入会と同じですが、会費口座の預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書は、すでに入会している方からいただいていますので必要ありません。

1)加入申込書兼会員カード ・・・入会者数分必要です。
2)添付書類 ・・・・・・・・・・・・・・・勤務していることが確認できるもの。(省略することもできます。)
(1)(2)とも、入会手続きは郵送でもできますので、ご希望の方はゆうへ電話で書類をご請求ください。
この場合、同封の振込用紙により入会金と会費をお支払ください。
※ 入会金と会費の入金が確認されてから入会手続きを行います。

■ 入会すると


会員資格は、入会手続きが完了した日から発生します。また入会者には、次のものを人数分お渡しします。
(1)加入申込書兼会員カード〔控〕
(2)会員証
(3)利用ガイド
(4)その他(センターニュース『Fromゆう』、レジャー施設の「利用補助券セット」など)
また入会後は、センターニュース『Fromゆう』を毎月お送りします。事業所会員の方は、事務所へ人数分をまとめてお送りします。個人会員の方は、ご自宅にお送りします。 なお、事業所会員の方の自宅あてにはお送りできませんので、ご了承ください。 また、会員証や利用ガイドは再発行に手数料がかかりますので大切に保管してください。 再発行手数料 会員証‥‥200円、利用ガイド‥‥300円 再発行が必要な方はこちらよりお求めください。

退

入会資格の喪失などにより退会するときは、退会届(P89)に必要事項を記入して、会員証を添付のうえゆうへ提出してください。退会の日付は退会届を受理した日となり、日にちを遡って退会することはできません。 また、退会手続きは郵送、FAX又はホームページからでもできますが、郵送で配達され受理した日が退会日となりますので、余裕をもって郵送してください。(会費は、退会日の属する月まで納めていただくことになります。) 月末の退職など、退会日が決まっている場合など、退会日を記入のうえ事前に退会届を提出してもかまいません(FAX可・会員証は、後日返却してください)。なお、退会届の控えまたは写しの返送を希望される場合は、その旨をお書き添えください。

■ 入会金と会費

入会金 1人  200円 (入会時にいただきます。)
会  費 1人月額 500円 (在会期間中いただきます。)
※入会月分から退会月分までの会費となります(日割計算はいたしません。)

■ お支払いの方法

会費は、入会時にご指定いただいた金融機関または郵便局の口座から、自動振替(6ケ月に1度の前払い)させていただきます。会費の納期の自動振替日と会費の徴収月は下表のとおりです。
納期 自動振替日 会費
上期 4月26日 4・5・6・7・8・9月分
下期 10月26日 10・11・12・1・2・3月分

※ 自動振替日が金融機関の休業日にあたるときは、その翌営業日となります。 ※ 預金残高不足などにより自動振替ができなかったときは、郵便局払込票を送付いたしますのでお早めにゆうへお支払いください。

なお、新規・追加ともに、入会時の会費と入会金は直接ゆう窓口または郵便局、銀行振込でお支払いください。 【例】5月9日付で入会した場合、5~9月の5カ月分の会費と入会金はゆう窓口または郵便局、銀行振込でお支払いいただき、※10月分から自動振替となります。※口座振替依頼書を8月末までに提出した場合。

■ 請求書・領収書の発行

自動振替月に会費の請求書(会費のお知らせ)を事業所宛、封書にて郵送します。会員の人数および指定口座を確認し、誤りのあるときはすぐにゆうへご連絡ください。(ただし、口座番号は、個人情報保護のため表示しておりません。) この請求書には、前回自動振替分の会費領収書がついています。

■ 会費の負担

事業所会員の方の会費は、事業所でひとつの口座から一括して自動振替します。事業主の方と従業員の方との会費の負担割合は、事業所内でご相談ください。 事業主の方が負担した分については、税法上、損金または必要経費として処理できます。

■ 退会時の返還

会員が退会した時の会費は、退会月(退会届を受理した月)の分までお支払いいただきます。 退会した月の翌月以降の会費がすでに支払われている場合は、過払い分を会費口座へお振込みします。 ただし、同一事業所に会員がいる場合は、次期の会費へ充当させていただきます。 【例】4~9月分の会費をすでに支払っており、5月中に退会届がゆうへ届いた場合、6~9月の4カ月分の会費は返還(一部の会員が退会したときは次期会費へ充当)します。

■ 事業所間異動(合併)した場合の会費の取扱い

・事業所間異動(合併)
(例)A事業所で会員になっていた会員が、B事業所に間を空けることなく勤務する場合、変更届(P87)を提出することにより、会員期間を継続できます。 会員番号は変わります。
B事業所の会員になるための入会金は不要です。

・会費の取扱い
(例)A事業所に11月30日迄勤務し、B事業所に12月1日から勤務するような場合、計算上会費は11月分迄はA事業所でかかり、 12月以降の分はB事業所でかかることになりますが会費を半年単位でいただいている関係でシステム上翌年3月分迄はA事業所に請求されることになります。 会費の調整が必要な場合は、お手数ですがA・B事業所間でお願いします。

ケット類の転売・譲渡禁止について

東武動物公園などの遊園地フリーパス、クオカード、足立区内共通商品券、はるかぜ回数券などを購入、利用できるのは、ゆうの会員およびその家族です。 金券ショップ、インターネットオークションでの転売等はできません。 購入の際、会員およびその家族では利用することが困難と考えられるような購入数である場合には、ご事情をお聞きすることがあります。場合によっては購入をお断りする場合もあります。ご協力をお願いいたします。

会時の登録内容に変更が生じたとき

次の事項に変更が生じたときは、お早めに変更届(P87)に必要事項を記入しご提出ください。  
(1)事業所の名称、所在地(区内転居)、電話番号
(2)代表者氏名
(3)会費引落しの金融機関、口座番号、口座名義(預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書を添付してください。)
※ 預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書はゆう窓口にあります。(電話請求できます)
(4)会員の住所、氏名、電話番号
(5)家族構成
(6)その他

  次の事項に変更が生じたときは、他の手続きが必要な場合がありますので、ゆうまでご連絡ください。
(1)事業所の所在地(区外転出)
(2)勤務先
(3)個人会員の住所(区外転出)