勤労福祉サービスセンターゆう
勤労福祉サービスセンターゆう
カートを見る

曜 健康診断

普段なかなか健康診断を受ける機会がとれない方のために、年に2回日曜日に集団健診を実施しています。

 

足立区勤労福祉サービスセンター レジャー 利用対象者

<利用できる方>
会員と家族及び会員の関係者
※日曜健康診断を受診した場合、健康診断・人間ドックの補助金を利用して受診することはできません。
※関係者のみでの申込みはできません。
※受診は年1回限りとなります。

用方法

足立区勤労福祉サービスセンター レジャー 利用方法

前期『Fromゆう5月号』、後期『Fromゆう10月号』にてご案内します。
募集締め切り、募集定員枠がありますのでご注意ください。
場所 足立区勤労福祉会館予定(綾瀬1丁目・綾瀬駅西口徒歩3分)
検査内容 (1)基本の検査 医師の診察、採血、尿検査、心電図、胸部X線撮影など
(2) 胃の検査  X線撮影
(3) ペプシノーゲン検査 採血

すでに補助額を差し引いた料金です。利用料金・コースは改定変更される場合があります。

コース 会員料 家族 関係者
Aコース………検査内容(1) 3,500円 4,400円 5,800円
Bコース………検査内容(1)+(2) 5,900円 7,400円 9,800円
Cコース………検査内容(1)+(3) 4,300円 5,400円 7,200円

ペプシノーゲンとは、胃の粘膜で作られる消化酵素(ペプシン)の元となる物質です。胃がんの前病変ともいわれる萎縮性胃炎では、このペプシノーゲンの分泌量が減少します。ペプシノーゲン検査とは、ペプシノーゲンの濃度を測ることによって萎縮性胃炎の進行度合い、つまり胃がん発生の危険度を推定するものです。バリウムを使った胃部X線検査が胃がんそのものを発見する検査であるのに対して、血清ペプシノーゲン検査は「胃がんのできやすい人」を発見する検査です。
~H29年度健康診断実施検査機関 医療法人社団 同友会~